解体工事の廃棄物を無許可で運搬、伊賀市の山中に不法投棄で逮捕

産廃ニュース

三重県警は2023年1月31日までに、建物解体工事で排出された産業廃棄物の運搬を無許可で受託し、その一部を不法に埋めた疑いで、40代無職の男性ほか1名を逮捕しました。

情報によると、逮捕された男性らは2021年12月~2022年2月にかけ、県から許可を得ていないにもかかわらず、大阪府の解体工事現場からの産業廃棄物約47トンの収集運搬を受託していました。さらに男らは収集した廃棄物の一部にあたる約2.2トンを、伊賀市の山中に埋めるなどした疑いが持たれています。

三重県によると、逮捕された容疑者は以前、大阪市内の解体工事会社の専務でした。もう1名は当時の従業員にあたる人物で、共謀して犯行に及んだ可能性があるとのこと。2名は警察の調べに対し、容疑を認めているとのことです。

参照伊賀の山に不法投棄 廃棄物処理法違反で男逮捕/伊勢新聞

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP