開発業者が宇治市山中に石膏ボードなど4トン不法投棄した疑い

産廃ニュース

京都府警生活保安課と宇治署は2022年2月16日、山中に建築廃材と見られる石膏ボードなど約4トンを不法投棄した疑いで、大阪府大阪市の土地開発会社の経営者ら3名を逮捕しました。

情報によれば、逮捕された3名は2021年9月17日、京都府宇治市の山中に石膏ボードなど約4トンを積みこんだダンプカーを乗り入れ、不法に投棄した疑いが持たれているとのこと。県警は投棄現場について以前より情報を掴んでおり、捜査を進めていたところ、3名が関与している可能性が浮上しました。

なお、容疑者らのうち1名は「身に覚えがない」などと供述し、容疑を否認しているとのことです。

20年以上前から不法投棄か

京都府警は3名が逮捕以前から不法投棄を繰り返していた可能性もあると見て、捜査を進めている状況です。

警察によると、投棄現場となった山中について「20年~30年前から不法投棄が繰り返されている」と情報提供があったとのこと。これを受け警察が現地を内偵したところ、容疑者らによる約20回の不法投棄が確認されたとしています。

参照ダンプカーで石こうボードなど4トン不法投棄疑い、男3人逮捕
参照ダンプカーで石こうボードなど4トン不法投棄疑い、男3人逮捕/京都新聞

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP