札幌市白石区で相次ぐ不法投棄、警察当局が事件として捜査

産廃ニュース

北海道警察はこのほど、札幌市白石区で相次いでいる不法投棄問題を受け、事件として捜査を進める方針を固めました。

情報によると、不法投棄が発生している現場は札幌市白石区の住宅街で、現場に設置されている防犯カメラの映像からは、1台の車が紙くずや食品が入っていると見られる袋などを投棄している様子が映っているとのこと。

映像は2021年4日4日に撮影されたものですが、過去の映像にも時間や方角を変えながら同様の手口で不法投棄をしている様子が映っており、同一犯の可能性もあると見られています。

不法投棄、1年以上継続か

現地住民によると、問題の不法投棄は1年以上前から繰り返されているとのことです。

自宅の前にゴミを捨てられた住民は、「怒りがこみあげてくる」などとコメント。投棄現場は交通量の多い生活道路ということもあり、事件解決を期待する声があがっています。

参照新たな不法投棄か またも狙われた住宅街 住民の怒りと「逃げた車」

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP