韓国政府が廃プラなど3品目の放射能・重金属検査の強化を発表

産廃ニュース

韓国政府は2019年8月17日、日本政府が実施したホワイト国除外措置などへの対抗策として、日本から輸入する産業廃棄物3品目の放射能・重金属検査の規制を強化すると明らかにしました。

韓国は上記3品目を年間約87万7千トンほど輸入していますが、このうち日本から持ち込まれるものは約14万4千トンほど。全体の約16.7%に相当する廃棄物に対して、規制をかける形です。

日本をターゲットにした可能性

今回の輸入規制の対象品目は、廃タイヤ・廃バッテリー・廃プラスチックの3品目です。

韓国環境部は今回の規制強化措置に対して、「特定の国を対象にしたものではない」との見方を示していますが、これらは日本からの輸入量が多い品目に絞られており、「実質的には経済報復だ」との見方が出ています。

参照韓国政府、日本産石炭灰に加え、リサイクル用廃棄物3品目の放射能審査を強化/Yahoo!ニュース

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP