汚水場管理業務の委託巡り約60万円の賄賂受け取りか、久喜市職員を懲戒免職

産廃ニュース

埼玉県久喜市は2019年6月、市職員と廃棄物処理会社との間で贈収賄があったとして、久喜市男性職員を懲戒免職にしたと明らかにしました。

久喜市によると、職員は浄水場管理業務の委託をめぐり、2016年10月~2018年1月にかけて、市内の廃棄物処理会社から全6回・合計60万円の現金を受け取った疑い。久喜市は今回の処分に際して、梅田修一市長が謝罪。収賄事案について触れ、「公務員としてあるまじき不祥事」と述べました。

2019年7月19日に判決

職員は2019年6月26日、検察から懲役1年6か月および罰金60万円を求刑されている状況です。現在は2019年7月19日の判決待ち。

公務員の贈収賄は、法律で禁じられた行為です。受け取った側だけでなく、贈った側にも罰則が規定されており、企業イメージにも影響する事案と言えます。

参照久喜市 収賄容疑の職員を懲戒免職/埼玉県/Yahoo!ニュース

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP