不法投棄で環境活動!NPO法人元理事がガレキや廃材8トン埋めた疑い

産廃ニュース

徳島県佐那河内村で環境復元事業などを手がけるNPO法人「市民未来共社」の元理事である70代男性や知人の60代男性会社員が、土地や畑に大量の不法投棄をした疑いで、在宅起訴されました。

情報によると、男性らは「市民未来共社」にて環境保全や地域の生活支援に取り組む旨、標ぼうしていました。ところが、男性らは環境保全を掲げる一方、解体現場から排出されたと見られるガレキや廃材など約8トンを、他人の敷地に埋めていた疑いが持たれています。

男性らの関与は、所有者の訴えを受理した警察が調べ浮上しました。逮捕された男性らは「8トンも埋めていない」、「後日掘り起こすつもりだった」などと供述。一部を否認するような発言を繰り返しています。

参照がれき不法投棄した罪 環境復元活動のNPO元理事ら在宅起訴

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP