食肉加工業者が廃油を不正処理、下水道法違反の疑いで家宅捜索

産廃ニュース

宮城県栗原市は2019年6月11日、下水道およそ700メートルを詰まらせた疑いで、警察当局が市内の食品関連企業「真大フーズ」を家宅捜索したと明らかにしました、

同社は2017年9月~2019年3月の期間中に、食肉処理の過程で生じた油を流し続けていた疑い。付近では事件発生前から近隣住民が「悪臭がする」とクレームが出しており、市が調査を進め、数百万円を投じて処理していました。

分離装置の設置や稼働状況などが焦点か

食品工場から排出された廃油は本来、産業廃棄物として水を油を分離し、適切に処理するよう求められています。

今回の事件では下水道700メートルを詰まらせるなどの被害が生じており、警察当局は分離装置の設置状況や稼働状況などを取り調べる方針。捜査は2019年6月11日の午前9時より開始され、工場や関係先など5か所の拠点が対象です。

参照下水道詰まらせた疑いで食肉加工会社を捜索/Yahoo!ニュース

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP