海洋プラスチック問題に関する閣僚会議実施、漁業者にゴミの回収など徹底か

産廃ニュース

日本政府は2019年5月31日、海洋プラスチック問題について閣僚会議を開催し、行動計画の策定を明らかにしました。

会議では、漁業者が使用する道具について、現在の環境への影響の大きい素材ものから「環境への影響の少ない素材への転換」や、(影響の少ない)新たな漁具の技術開発について言及。さらに漁業者に対して「損耗・劣化した漁具の回収」「引き揚げたプラスチックゴミの処理」などを産業廃棄物として処理するよう、徹底させる考えを示しています。

推計1,000万トンもの海洋プラスチックごみ

海洋プラスチックは陸上のゴミ問題と比べ見逃されやすく、年々増加傾向にあると指摘されている深刻な問題です。日本はG20の議長国であり、環境問題に対する議論を避けることができません。

海洋ゴミの全容は定かではありませんが、1,000万トン近くのゴミが漂っているとの説もあり、先進国を中心に積極的な取り組みが期待されています。

参照海洋プラごみ問題、政府が行動計画策定 技術開発に力点/Yahoo!ニュース

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP