産廃処理会社で火災、燃えたプラ片をコンベアーで運搬か

産廃ニュース

2019年4月13日、東京・足立区の産業廃棄物処理会社にて、火災が発生しました。

消防などの情報によると2019年4月13日の午前、火災に気付いた産廃業者所属の工場作業員が管轄の消防署へ通報。消防が急行し消火活動を続けるも、数時間ほど燃え続け、建物3棟・約460㎡ほど延焼する結果になりました。火災は記事発表時点で既に鎮火しており、けが人は確認されていないとのことです。

燃えたプラ片をコンベアーで運搬か

捜査に加わった警視庁は、関係者らに調査を実施し、出火の原因を調べています。

火元の産廃業者は大量のプラスチック片を扱っており、火災を発見した作業員は「工場のベルトコンベアーから、燃えた状態のプラスチック片が運ばれてきた」と説明しているとのこと。工場内の設備や機器に、出火原因があった可能性も考えられます。

参照産業廃棄物処理会社で3棟焼く火事 足立区/Yahoo!ニュース

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP