約900キロもの広告紙を不法投棄、海上保安庁が男性逮捕

産廃ニュース

海上保安庁の門司海上保安部はこのほど、不動産の売却情報などが記載された広告紙約900キロを関門海峡に不法投棄した疑いで70代の男性を逮捕し、福岡地検小倉支部に送検しました。

事件は2023年4月、第三者からの情報提供により発覚しました。保安部が調査したところ、現場となったJR小倉駅付近にある紫川泊地の海底から、1束1,000枚もの広告紙が合計177束見つかりました。

投棄に関与した疑いが持たれているのは、小倉北区に住む70代の男性です。男性はポスティングを生業としていましたが、投函しきれず、2023年10月までに請け負った広告紙約900キロ・約17万枚もの広告紙を海上に捨てていた可能性があるとのこと。

これほど大量の紙が不法投棄される事件は異例で、海上保安庁は余罪も含め引き続き調査するとしています。なお、容疑者の諾否は明らかにされていません。

参照海にチラシ900キロ不法投棄疑い アルバイトの74歳男を逮捕 投函請け負った17万枚以上 北九州市

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP