イタリアのデザイナー、廃プラスチックからアイスクリーム原料を生成

産廃ニュース

画像:dezeenより引用

イギリスの大学研究チームとイタリアのデザイナ-が、リサイクルプラスチックをアイスクリームの原料に転化する試みを発表しました。

実験を行ったのはイタリア出身のデザイナーであるエレオノーラ・オルトラーニ(Eleonora Ortolani)氏です。説明によると、エレオノーラ氏はイギリスの研究チームと共同で、プラスチックに含まれる原料の自然由来の分解方法に注目。バクテリアや酵素で分解を試みたところ、アイスクリームなど洋菓子の香料として欠かせないバニラエッセンスの生成に成功しました。

公表時点で安全性の検査が完了しておらず、販売の予定はありません。しかし、プラスチックから食品を生成する試みは世界で例がなく、初の成果になるとのこと。廃プラスチックは世界中で環境問題を引き起こしている廃棄物、チームは研究を続け、活用を検討するとしています。なお、エレオノーラ氏の作品は「Guilty Flavors」と名づけられロンドンの大学、セントラル・セント・マーチンズに展示されています。

参照Eleonora Ortolani recycles plastic into vanilla ice-cream

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP