青森中泊町議、ガレキ類21トンの不法投棄で懲役2年執行猶予4年の判決

産廃ニュース

青森地方裁判所は2021年12月24日、ガレキ類約21トンを不法投棄したとして、中泊町の青山建材および町議会議員に対し、それぞれ罰金200万円、懲役2年(執行猶予4年)の判決を下しました。

判決によると、被告の町議会議員は青山建材の代表取締役で、2019年6月5日~2021年5月17日にかけて解体工事により排出されたガレキ類約21トンなどを青森県五所川原市の原野に不法に投棄したとのこと。

地裁は犯行について、被告は長期間にわたって不法投棄を繰り返したばかりか、動機も分別が面倒だという安易な理由で悪質、と指摘しています。

辞職勧告も議員辞職はせず

被告となった青山建材の代表取締役は、青森県中泊町の町議会議員です。このため、中泊町議会は被告について議員辞職勧告決議案を可決しています。

ただし、被告は弁護士を通じて、議員辞職はしない意向を示しています。議員は「政治責任は町民の負託に応えることによって果たす」としているとのことです。

参照不法投棄で有罪判決受けた町議「負託に応え政治責任果たす」…議員辞職せず

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP