鶏糞などを原野に大量投棄、宮城県警らが書類送検

産廃ニュース

宮城県警生活環境課と管轄の古川、遠田両署は2020年12月16日、養鶏事業で排出された鶏ふんや焼却灰などおよそ240トンを不法投棄した疑いで、同市で養鶏事業を営んでいた70代男性と60代男性および60代男性が経営する養鶏会社を産業廃棄物処理法違反容疑として書類送検しました。

情報によると、70代の男性は2017年5月20日~2020年7月13日にかけて、鶏のふん約660トンを原野に穴を掘って埋めたり、野積みにするなどして適切な処理を怠った疑い。60代の男性や経営会社についても、所有する原野に鶏のふんや焼却灰約240トンを同様の処理をしていた疑いが持たれています。

なお、いずれの男性も警察の捜査に対して、容疑を認めているとのこと。「堆肥化に労力がかかり面倒になった(60代男性)」、「捨てた方が楽だった(70代男性)」などと供述しているとのことです。

ほかにも不当投棄の可能性

捜査当局は男性らに対して、今回挙がった不法投棄以外にも、違法な投棄を繰り返していた可能性があると見ています。
関係者によると、男性らは10年以上前から廃棄を繰り返していた可能性があり、総量として2,000トン以上になる可能性もあるとのこと。
ただし、今回は容疑が固まったものについて立件したとしています。

参照鶏ふん不法投棄疑い 宮城県警が農家と会社を書類送検

参照鶏の糞を900t余りを不法投棄 大崎市の養鶏業者らを書類送検

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP