廃タイヤ200本を複数回にわたり不法投棄、行政側は防犯カメラ設置などで対抗か

産廃ニュース

京都市はこのほど、同市伏見区の干拓地における排水路に、自動車の廃タイヤ数百本が、100本~200本単位で立て続けに不法投棄されていると明らかにしました。

市が公開した情報によると、不法投棄が発生したのは2020年10月下旬のことです。人通りも少なく閑散としていた干拓地に、一夜にして200本単位の廃タイヤが投棄されたたため、管理団体が自費で撤去したとのこと。ところが、撤去翌日になると再び200本ほどの廃タイヤが投棄される事態が発生。このため、管理団体は所轄警察署に通報し、対応を進めているとしています。

今後は防犯カメラの設置を検討

タイヤの不法投棄を発見したのは、市が指定する管理団体の職員です。担当者によると、付近には以前から家電製品などの不法投棄が続いているものの、これだけの規模の不法投棄が発生するケースはないとのこと。また、今回の不法投棄は撤去翌日に再度発生するなど悪質で、規模も非常に大きいため「処分費用を惜しんだ産廃業者」が関与している可能性が指摘されています。

このため、行政側は今後、該当エリアに防犯カメラを設置するなど対策を検討。行政と管理団体組合員による見回りも強化し、再発防止に努める考えを明らかにしました。

参照農地近くの水路に廃タイヤ400本投棄 自費で撤去の翌日も…「立て続けにやられ悔しい」/47NEWS

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP