山林にコンクリート片930トンを不法投棄、費用かかるからと供述

産廃ニュース

栃木県警は2022年11月8日、合計930トンのコンクリート片を不法投棄した疑いで、日光市に住む60代男性を逮捕しました。

情報によると、逮捕された男性は過去建設業に従事しており、2021年3月までの約3年間、解体工事現場から排出されたコンクリート片を自宅付近の山林に不法投棄を繰り返していました。山林は逮捕された男性が購入したものですが、投棄量が約930トンに及んでいるにも関わらず、男性は処理に必要な許可を得ていませんでした。

男性は警察の捜査に対して「処分費用がかかるため不法投棄していた」などと供述しています。容疑を認めているとのことです。

参照コンクリート片930トン自宅脇じ不法投棄し逮捕 日光

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP