工事排出の石材を船で大量不法投棄、建設会社や責任者送検

産廃ニュース

海上保安庁高知海上保安部は、工事に関連した大量の石材約266tを海中に不法投棄したとして、工事に関与した五洋建設社と大旺新洋社、五洋建設に所属する50代工事責任者の男性、大旺新洋に所属する40代現場責任者の男性を書類送検しました。

情報によると、問題となった石材は国土交通省から受注した須崎港の補強工事にて排出されたものです。工事は五洋建設が受注し大旺新洋が一次下請けに入る形で、2022年7月~2023年3月にかけ行われましたが、終了間際の2023年2月、石材の処分に困った50代工事責任者が40代現場責任者に船から投棄するよう、指示した疑いが持たれています。

不法投棄は、国交省の四国地方整備局が海上保安庁の高知海上保安部に情報提供したことにより判明しました。投棄された石材は合計約158.8立方メートル、約266トンにおよぶとのこと。送検された2名は容疑を認め、2社も監督責任が不十分であったとして、再発防止に取り組むとしています。

参照五洋建設が石材266tを海に不法投棄で書類送検、処分費抑制が狙いか

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP