鈴鹿市で不法投棄ゴミから突如出火、何者かが関与した可能性も

産廃ニュース

三重県鈴鹿市で2022年5月22日、不法投棄された大量の廃棄物が出火し、火災が発生しました。

情報によると、火災が起きた現場は須賀町の国道23号線沿いの空地で、廃タイヤや木材に電気製品、ガレキ等の大量の廃棄物が不法投棄されていたとのこと。

2022年5月22日になり現場から黒煙が上がりはじめ、出火。通報を受け消防車3台が出動しましたが、消火までに約2時間を要し、およそ300㎡が焼けたとのことです。

不審火の可能性もあり捜査に着手

警察は現在、火事の原因や関与した人物を捜索しています。

情報によると、現場は畑などが広がるエリアで、火元になるような要因がないとのこと。このため、投棄ゴミに対する人為的な関与も疑われる状況です。

もっとも、現場には電気製品も投棄されていたとのこと。過去には家電から自然出火した例もあります。

参照不法投棄とみられる廃棄物から黒煙…国道沿いの空き地で家電やタイヤなど燃える 現場に火の気なく不審火か

全国対応 自走式スクリーンレンタルでがれき分別・コスト削減

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

新西工業株式会社 産廃メディア事業部

自走式スクリーンレンタル事業を展開する新西工業株式会社のメディア事業部です。幅広い現場に対応した分別をご提案。豊富な実績と、きめ細かなサービスで、お客様のご要望にお応えします。お悩みで立ち止まらず、ぜひお気軽にご相談ください。 <a href="https://www.shinsei-e.com/" rel="noopener">https://www.shinsei-e.com/</a>

関連記事

特集記事

TOP